Parrot ANAFI-Ai

販売価格 お問い合わせください

Parrot ANAFI-Ai



ANAFI-Ai The 4G robotic UAV

4G/Wi-Fi接続

ANAFI Aiは、(Wi-Fi無線に加えて)4G無線モジュールを統合し、あらゆる場所で範囲制限なしに非常に低い遅延(300ミリ秒)で1080pビデオを送信可能です。


自動ネットワークスイッチ

4GおよびWi-Fiネットワークの品質と容量は、ストリーミングをネットワークの状態に適応させるために100ミリ秒ごとに測定されます。ルーティングアルゴリズムと組み合わせることで、Wi-Fiが大幅に中断された場合でも、ドローンとそのコントローラー間の接続が維持されます。したがって、Wi-Fiの実効スループット(グッドプット)が1.5 MBps未満の場合、システムは自動的に4Gに切り替わります。

パイロットがドローンのWi-Fiネットワークの範囲内にあるときにモバイルデータの消費を制限するために、4GからWi-Fiへの移行も、ビデオストリームをカットせずに自動的に実行されます。

ANAFI Aiは、ドローンがWi-Fi範囲内にない場合は30秒未満、ドローンがWi-Fi範囲内にある場合は15秒未満で4Gリモコンに接続します。

全方向性伝送システム

ANAFI Aiには、リフレクター付きの4つの指向性アンテナがあります(ゲイン:2.5 dBi /アンテナ)。ドローンは、パイロットに対する方向と位置に応じて、最適なアンテナペアを決定します。

ビデオストリーミング

解像度 最大1080p
フレームレート 最大30fps
ビットレート 最大8Mbit/s
ビデオエンコーディング H.264 / AVC
プロトコル RTSPセッション管理を使用したRTPストリーミング
レイテンシー 300ミリ秒

カメラ



ANAFI Aiのセンサーは、高精細な空撮を可能にする高画素化に対応しています。

隣接する4つの画素が同じ色になる「Quad Bayer」カラーフィルター配列を採用しています。隣接する4つの画素の信号を加算することで、写真・動画ともにリアルタイムでのHDR撮影が可能です。

従来のベイヤー配列に比べて、ダイナミックレンジが約4倍。難易度の高いシーンでも、ハイライトの白飛びやシャドー部のディテール消失を最小限に抑えて撮影することができます。


ANAFI Aiレンズは、パロット社のために特別に設計されたレンズです。6枚の非球面レンズを採用し、低光学フレア用に最適化されています。

このレンズは、標準ビデオモードでHFoV 68°、標準フォトモードでHFoV 64.6°を実現しています。

モードについて

ビデオ
モード
解像度
(ピクセル)
フレーム
レート(fps)
センサーの読み出し 最大アナログゲイン(dB) 最大ISO HFoV 24x36equ.焦点距離
標準またはP-Log 4K UHD
(3840×2160)
24/25/30 Full pixel
(QBC remoisaic)
10bits
24 1600 68° 27mm
標準またはP-Log 1080p
(1920×1080)
24/25/30 Full pixel
(QBC remoisaic)
10bits
24 1600 68° 27mm
標準またはP-Log 4K UHD
(3840×2160)
48/50/60 2×2 adjacent
pixel binning
36 6400 68° 27mm
標準またはP-Log 1080p
(1920×1080)
48/50/60/
96/100/120
2×2 adjacent
pixel binning
36 6400 68° 27mm
HDR 4K UHD
(3840×2160)
24/25/30 QBC HDR 10bits 24 1600 68° 27mm
HDR 1080p
(1920×1080)
24/25/30 QBC HDR 10bits 24 1600 68° 27mm

ユーザーは、H.264(AVC)形式とH.265(HEVC)形式のどちらかを選択できます。

すべての解像度で、次のピクセル形式を使用します。
標準およびHDR8用のYUV420p(8ビット/コンポーネント、BT.709色空間)。
P-logスタイルのYUVJ420p(8ビット/コンポーネント、フルレンジ-BT.709色空間)。
HDR10記録用のYUV420p10(10ビット/コンポーネント、BT.2020色空間)、H.265のみ。


HDR8およびHDR10で動画を記録する場合、ANAFI Aiは14EVのダイナミックレンジをカバーします。

HDR10は、最大輝度1,000nit、色深度10bitのフォーマットです。標準ダイナミックレンジの1,600万色に対し、10億色のパレットを提供します。HDR8と比較すると、HDR10は2倍以上の明るさと、それに見合うコントラストの向上を実現しています。

HDR8は標準的なスクリーンで表示できますが、HDR10はHDR10対応のテレビやスクリーン向けに設計されています。

写真
モード
写真の種類 解像度
フォーマット
HFOV 24x36equ.
焦点距離
記録用のセンサー読み出し プレビュー用のセンサー読み出し 最大アナログゲイン(dB) ISO範囲
標準 Wide 48MP DNG 73,2° 24mm Full pixel
(QBC re-moisaic)
10bits
Full pixel
(QBC re-moisaic)
10bits
(15 fps)
24 50 – 1600
標準 Wide 48MP DNG 64,6° 28mm Full pixel
(QBC re-moisaic)
10bits
Full pixel
(QBC re-moisaic)
10bits
(15 fps)
24 50 – 1600
標準 Rectilinear
(EIS)
48MP DNG 64,6° 28mm Full pixel
(QBC re-moisaic)
10bits
Full pixel
(QBC re-moisaic)
10bits
(15 fps)
24 50 – 1600
標準またはHDRローライト Wide 12MP DNG 73,2° 24mm 2×2 adjacent
pixel binning
2×2 adjacent
pixel binning
36 50 – 6400
標準またはHDRローライト Wide 12MP DNG 64,6° 28mm 2×2 adjacent
pixel binning
2×2 adjacent
pixel binning
36 50 – 6400
標準またはHDRローライト Rectilinear
(EIS)
12MP DNG 64,6° 28mm 2×2 adjacent
pixel binning
2×2 adjacent
pixel binning
36 50 – 6400
HDR Wide 12MP DNG 73,2° 24mm QBC HDR
10bits
QBC HDR
10bits
36 50 – 1600
HDR Wide 12MP DNG 64,6° 28mm QBC HDR
10bits
QBC HDR
10bits
36 50 – 1600
HDR Rectilinear
(EIS)
12MP DNG 64,6° 28mm QBC HDR
10bits
QBC HDR
10bits
36 50 – 1600
項目 設定 機能
オート
ホワイト
バランス
オン/オフ 自動ホワイトバランスを有効または無効にします。
マニュアル
ホワイト
バランス
プリセット/マニュアル オートホワイトバランスを使用する代わりにWBプリセットを手動で選択:自動、白熱、Fluo、晴れ、曇り、シェード、ロック(AWBがオフの場合、最後のAWBスケールが使用されます)。
マニュアル(ユーザーが相関色温度を[2000,10000]の範囲内で設定)。
露出モード 自動/手動/シャッター優先/ ISO優先 使用可能なAEモードを切り替えます。
手動シャッター
スピード値
1〜1/10000秒、1/3EVステップ 手動またはシャッター優先モードでのみ使用できます。値:1/15、1/20、1/25、1/30、1/40、1/50、1/60、1/80、1/100、1/120、1/160、1/200、 1/240、1/320、1/400、1/500、1/640、1/800、1/1000、1/1250、1/1600、1/2000、1/2500、1/3200、1/4000、1/5000、1/6400、1/8000、1/10000。
手動ISO値 25から51200ISOまで、1/3EVステップ 値:50、64、80、100、125、160、200、250、320、400、500、640、800、1000、1200、1600、2000、2500、3200、4000、5000、6400。
EV補正 -3EVから+ 3EV シーンの明るさを1/3EVステップで変化させます。(露光時間/ゲインカーブの許容外の場合、このスライダーの効果はありません)。この設定は、リモートの専用コントロールに割り当てることができます。
自動露出の
関心領域
なし/ROI 関心領域は、画像のタッチによって定義されます。露出は自動的にロックされます。
自動露出ロック オン/オフ 露光を現在の設定にロックします(特定のアイコンをクリックします)。
ISOリミット ゲイン 自動露出で使用される最大ゲインを手動で設定します。
アンチフリッカー
モード
オフ/オート/50Hz/60Hz オートモードでは、地域に応じて50Hzまたは60Hzが自動的に選択されます。

ズームは、すべての写真モードとビデオモードで使用できます。

4800万画素のセンサーと精密なシャープネスアルゴリズムを組み合わせることで、6倍のデジタルズームを使用しても高精細な静止画を撮影することができます。

ANAFI Aiのユーザーは、75mの距離から1cmサイズの詳細を確認することができます。

高画素であることから、4K動画を1080pにトリミングしても、画質はほとんど劣化しません。


写真測量


ドローンによる空撮は、専門家が行う検査や測量の方法を変えつつあります。

UAVで収集した画像を処理して2Dおよび3Dモデルを作成するには、フォトグラメトリーの技術が用いられます。

これらのデジタルツインにより、お客様はメンテナンス計画を立てることができます。

検査とマッピングに適したデザイン

Aiと目視検査の融合

ドローンの人工知能とPIX4Dinspectのオンラインプラットフォームを組み合わせることで、ユーザーはこれまで以上に迅速かつ効率的に検査を行うことができます。
機械学習アルゴリズムにより、電波塔のアンテナを認識し、その寸法、高さ、下降角、方位、鉛直角を抽出します。

※下の2つの画像をクリックすると、デモ用の3Dモデルが表示されます。



クラス最高のセンサー

ANAFI Aiは、48MPの1/2”CMOSセンサーを搭載しています。Quad Bayerカラーフィルターパターンを搭載しており、特に検査や写真測量に適しています。
広いダイナミックレンジで高精細な画像を撮影することができます。

1”センサーと比較して55%のディテールアップ


1/2”Quad Bayer 48MPセンサーは、いくつかのプロ用ドローンに搭載されている1”20MPセンサーを上回るシャープネスを実現しています。
同じ高度で行われた屋根の点検ミッションで撮影された上記の画像で確認することができます。

検査に最適な180°制御ジンバル

ANAFI Aiジンバルには、6軸ハイブリッド(機械式+電子式)の手ぶれ補正システムが搭載されており、飛行中の振動を補正してシャープな映像を実現します。

ANAFI Aiのカメラは、-90°〜+90°の範囲で制御可能なので、橋梁デッキの下側を点検するのに理想的な空撮ツールです。

測量グレードの精度

ANAFI Ai Phantom 4 Pro v2
画像幅(px) 8000 5472
画像の高さ(px) 6000 3648
センサー幅(mm) 6.4 13.2
センサーの高さ(mm) 4.9 8.8
30mでのGSD(cm/px) 0.46 0.82

AIと4Gのパワーを活用

1つのアプリで任意のフライトプランを実行

測量、検査、写真測量など、すべてのミッションをFreeFlight 7から実行できます。

フライトプランニングアプリ「PIX4Dcapture」のグリッド、ダブルグリッド、サーキュラーミッションが、フライトアプリ「ANAFI Ai」に統合されました。


シングルクリックでフライトプランを作成できます。

FreeFlightの3Dインタラクティブマップをクリックするだけで、建物のスキャンがすぐにできます。
人工知能が最適な飛行パラメータと軌道を自動的に定義します。
ANAFI Aiセンサー(IMU、GNSS、Time of Flight)によって正確にジオタグが付けられた48MPの画像は、正確な3D再構築を可能にします。

FreeFlight 7のマッピングの背景にはArcGISが使われています。3Dの表現は、世界中の都市をカバーするOpenStreetMapデータに基づいています。


3D地籍上でワンクリックで作成される自動フライトプラン。

パーセプションシステムは、フライトプランの安全性を確保します。
ユーザーは障害物を気にする必要はありません:ANAFI Aiは自律的に障害物を回避します。

自律飛行

ANAFI Aiの独自に設計された障害物回避センシングシステムは、立体視をベースとしており、自動的に進行方向に向けられます。



ドローンは、30m(100フィート)の距離にある障害物を検出します。
飛行計画を実行している間、人工知能技術(AI)は占有グリッドを継続的に構築・更新します。このグリッドは、ドローンの環境をボクセルで表現しています。

アルゴリズムは、障害物を回避するための最適な軌道を決定し、ドローンは目的である飛行ミッションに集中します。


4G接続

ANAFI Aiは、4Gモジュールを搭載した初の商用マイクロドローンです。世界中で使用されている周波数の98%以上をカバーしています。

【高圧送電線の検査の例】
ANAFI Aiで撮影、Pix4Dmaticで処理を実施。
シーンサイズ:4060 x 60 x 70m (13,320 x 200 x 230ft) 、画像数:2,172
GSD:1.3cm/px 、高度:90m 、前面/側面のオーバーラップ:90% / 65%

ドローンはWi-Fiから4Gに、または4GからWi-Fiにシームレスに切り替わり、最も強い接続を優先します。これにより、次のことが保証されます。

●BVLOS(目視外飛行)フライトオペレーションが可能

●障害物や建物が多い環境での飛行でも安定した接続を実現

●干渉の多い環境での安全な飛行

●1080p 30fpsのライブストリーミング

●クラウドサーバーへのダイレクトな画像アップロード

飛行時間の最適化

ANAFI Aiのイメージング仕様により、大幅な時間効率化を実現します。

●48 MPにより、同じGSDを達成しながら、1″20MPセンサーを搭載したドローンの1.5倍以上の高度を飛行することができます。より高い高度とより速い任務は密接に関連しています。

●1fpsでの写真撮影:ANAFI Aiは、Autel EVO 2やDJI Phantom 4 Pro v2の2倍の速さで撮影します。


PIX4Dcloudへの4G転送

UAV空撮画像からデジタルツインを作成する過程で、ファイル転送と写真処理は2つの時間を要する作業です。
ANAFI Aiは、お客様のワークフローのスピードアップをサポートします。

●ドローンの4G回線を利用して、飛行中に画像をセキュアなサーバーに転送可能。

●フライト終了後にすぐに計算を開始:オルソモザイクマップ、点群、標高モデル、テクスチャメッシュ。

●測量用の2Dマップや3Dモデルを共同研究者やクライアントと簡単に共有することができます。


PIX4D Suiteとの互換性

モバイル、デスクトップ、クラウドの写真測量アプリケーションスーツ


写真測量またはLIDAR?

測量・検査に写真測量を選択する理由

空中写真測量は、その価格の安さと使いやすさもさることながら、データを視覚的に解釈する必要がある場合には最適な選択肢となります。


【写真測量では】

●数のレンダリングを提供します:オルソモザイクマップ、色付きの点群、テクスチャメッシュ。

●高密度の点群を生成し、各点群には大量の情報(標高、テクスチャ、色)が含まれています。

●写実的な2Dおよび3Dレンダリングの精度でLIDARよりも優れています – LIDARは高レベルのコンテキスト詳細を把握できません。

LIDARの短所

●RGBセンサーを搭載したUAVと比較して最大100倍のコスト。

●データ処理の複雑さと解釈の誤りの可能性。

●色情報を追加することは可能ですが、その場合の処理が複雑化。

●特定の用途や状況に限定されるLIDARは、点群のみ生成となります。

スペック

ANAFI Ai 機体

折りたたんだサイズ 304 x 130 x 118mm
展開サイズ 320 x 440 x 118mm
重量 898g
最大飛行時間 32分
最大水平速度 16m/s
最大垂直速度 6m/s
最大耐風性 13m/s
最大プロペラ速度 10,000rpm
上昇限度 5,000(海抜)
動作温度 -10°C〜40°C
耐雨性 IPX3
騒音放射 1mで81dB
データ MicroSDおよびSIMカードスロット

イメージングシステム

センサー 1/2″ 48MP CMOS
ダイナミックレンジ HDRモードで14EV
レンズ 光学LD-ASPH(低分散非球面レンズ)
絞り f/2.0
35mm焦点距離 24mm
被写界深度 4.5m〜∞
ISO範囲 50〜6400
電子シャッタースピード 1/15秒〜1/1000秒
ズーム 6倍–ロスレス:最大4倍(1080p)、2倍(4K UHD)
6軸安定化 メカニカル:3軸(ピッチ、ロール、ヨー)
電子(EIS):3軸(ピッチ、ロール、ヨー)
制御可能なジンバル傾斜範囲 -90°〜+ 90°

ビデオ仕様

解像度 4K UHD:3840×2160-24/25/30/48/50/60fps
1080p:1920×1080-24/25/30/48/50/60/96/100/120fps
HDR10:4K UHD/1080p-24/25/30fps
HDR 8:すべての解像度
水平視野(HFOV) 68°
最大ビデオ帯域幅 200Mbps
P-log プロ向け映像編集

写真仕様

フォーマット JPEG、DNG(Digital NeGative RAW)
解像度 48MP(8000×6000)、12MP(4000×3000)
水平視野(HFOV) 73°(ワイド)、69°(EISでワイド)、65°(EISで直線)
モード シングル、ブラケット、バースト(10 fps)、パノラマ(4フォーマット)、
タイムラプス、GPSラプス

接続性

接続 シームレスWi-Fi-4Gスイッチ
ストリーミング 低遅延のストリーミング(平均300ms)
LTE ワールドワイドなLTE互換性

自律飛行

写真測量 シングルグリッド、ダブルグリッド、軌道
フライトプラン 複数のウェイポイントと関心のあるポイント
カメラマン 視覚追跡による自動フレーミング
スマートRTH カスタマイズ可能なリターン高度
ビークル コントローラーの位置情報に合わせたフライト

ナビゲーションシステム

衛星ナビゲーション GPS、Glonass、Galileo
センサー 垂直カメラ、気圧計と磁力計
慣性ユニット 2×6軸慣性ユニット(フライトとカメラ):2×3軸加速度計、2×3軸ジャイロスコープ
安定飛行 障害物を回避するために330°回転ジンバル(-120°〜+ 210°)に取り付けられたステレオカメラ
AI軌道最適化システム
屋内飛行

サイバーセキュリティ

ユーザーの同意なしにデータを共有することはなし
FIPS140-2準拠およびCCEAL5 +認定のセキュアエレメント
4Gの強力な認証<
デジタル署名入り写真
透明性とバグバウンティによる継続的なセキュリティチェック

Parrot Skycontroller4

ターミナルなしのサイズ 238 x 147 x 55mm
最大サイズ 310 x 147 x 55mm
重量 606g
伝送システム Wi-Fi 802.11a/b/g/n&4G
使用周波数 2.4GHz – 5GHz
ダイレクトビデオストリーム解像度 1080p
バッテリー容量 3.350mAh 7.2V
対応スマートフォン すべてのスマートフォンと最大8インチまでに対応可能
デバイス充電 スマートフォンやタブレットを充電
ポート 2xUSB-C(充電および接続)、マイクロHDMI
防塵 IP5X

スマートバッテリー

タイプ 高密度リチウムポリマー(262Wh/kg)
容量 6800mAh 4.4V
充電ポート USB-C
重量 366g
最大充電電力 45W

Parrot FreeFlight7 アプリケーション

無料アプリ、サブスクリプション料金なし
AppStoreで入手可能なアプリ
iOS12以降と互換性があります
PIX4Dcloudの提供する3つの無料3Dモデル

Parrot SDK

Air SDK ロボットフレームワーク
Ground SDK iOSおよびAndroidアプリ開発キット
OpenFlight FreeFlight7のオープンソースコア
Sphinx 3Dリアル環境シミュレーター
Olympe Pythonコントローラープログラミングインターフェース
PDrAW パイプライン実装用のビデオビューア