保険・保守サポート

  • 01
  • 電話・メールで技術サポート!

    正規パートナーのDroneAgentチームが対応します

  • 02
  • 墜落機体の修理(無制限)

    破損時の修理・全損機体の新品修理が無料になるので、機体の動産保険
    も不要に!

  • 03
  • 機体購入と同時で即手続き完了!

    定期点検後の疲労部品交換で、翌年も保守プランを継続契約できます

別途、保険会社との契約不要です!!

補償の対象範囲

  • 墜落
  • ※1・2
  • 水没
  • ※1・2
  • 火災
  • ※1
  • 風水害
  • ※1
  • 盗難
  • ※3
※1 補償を受けるためには、補償を受けようとする損傷した対象物を当社にご提供頂くことが必要です。
※2 捜索、回収に掛かった費用の補償を求める場合には、当該費用に関する領収書の添付が必要になります。また、当該費用の補償には上限があります。
※3 施錠された室内・車内で盗難があった場合で、警察に届け出た被害届のコピーを当社に提供して頂いた場合にのみ補償の対象となります。施錠されていない室内・車内又は屋外で盗難にあった場合については、補償の対象外です。
※4 第三者が本機体を利用した場合(第三者に機体を貸与又は売却した場合を含みます。)及び海外で本機体を利用した場合については、原則補償の対象外ですが、別契約を締結することで補償することも可能です。別途ご相談下さい。
※5 本機体の本体と同時に、同一の原因により故障等した場合で、かつ本体とまとめて当社に修理等を依頼頂いた場合にのみ補償対象となります。
※6 当社と法人が利用契約を締結している場合には、当該法人に所属する役職員が登録した本機体全てが対象となります。他方で、当該法人が、自社の役職員以外に使用させた場合(スクール、講習会等を開催する法人が受講生に使用させる場合を含みます。)は、「第三者による利用」となるため、別契約を締結していない限り補償の対象外です。
※7 以下の場合は補償の対象外です。
(1) 地震が原因で故障又は紛失した場合
(2) 施錠されていない空間での置き引き、ひったくりによる紛失の場合
(3) 当社が付保している動産総合保険に基づいて、当社が保険会社から保険金の支払いを受けられる範囲を超える場合
(4) 当社が、本サービスの提供にあたり、利用者に対して、フライトログその他の資料の提出を要求したにもかかわらず、当該要求に利用者が応じない場合
(5) 故意又は重過失により、故障又は紛失した場合


注意事項

  • 本プログラムの適用期間は、登録完了より1年間です。
  • 修理時に、飛行プログラム(DJI GO4 など)の設定がリセット(システムリセット)される場合があります。点検後は、各種設定をご確認ください。
  • 修理時に、機体に貼られているステッカーや書き込み等は全て剥離、除去させて頂く場合がございますので、予めご了承ください。
  • 疲労部品交換時には、新規のシリアル番号が発行される場合もありますので、ご了承ください。
  • 修理をご依頼いただく際の往復送料はお客様ご負担となりますので、ご了承下さい。
  • 修理に関しては概ね30営業日になります。混雑状況により変更になる場合がございます。
  • 追加修理となる場合で、別途加入いただいている機体保険をご利用頂く場合は、故障や経年劣化は保険の対象外となっているので、ご注意下さい。
  • 補償対象となる事故は日本国内におけるものに限ります。
  • 個人情報の取り扱いに関しては DroneAgent ケアの WEB サイトよりご確認下さい。

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • « Prev
  • Next »

2商品中 1-2商品

カテゴリーから探す

コンテンツ

モバイルショップ